menu

PrivateGym KING

大阪市中央区松屋町3−2−3
松屋タワー1605号室
mail. info@privategym-king.com
(お電話での受付:平日10〜19時)

TEL.06-6777-9158

筋トレしない日でもプロテインは必要?摂取量やタイミングもご紹介!

プロテインは筋トレをサポートしてくれます。そのため、プロテインは筋力UPを目指している方には必要不可欠です。しかし、筋トレをしない日に飲んでしまうと太ってしまわないか気になる方もいらっしゃるでしょう。
今回は、筋トレをしない日にプロテインは飲む必要があるか、また摂取量や飲むタイミングをご紹介させていただきます。

 

■筋トレしない日でもプロテインが必要な理由は?

結論から申し上げますと、筋トレをしない日でもプロテインの摂取は必要です!
まずは筋トレをしない日でもプロテインが必要な理由をご説明いたします。

・筋肉量が落ちてしまう
人間の身体は筋肉だけでなく髪や爪、皮膚、臓器など全てタンパク質からできています。
身体を流れる血液もタンパク質です。筋トレをしていない方でも毎日ある程度のタンパク質が必要になります。

筋トレをしている方の場合、筋トレをしない日は傷ついた筋肉が修復され成長する日です。
成長するためには多くのタンパク質が必要なので、不足していると筋肉が成長できないだけでなく、今ある筋肉を分解して細胞を修復しようとするので筋肉が痩せる原因になります。頑張ったトレーニングが無駄になってしまうのは悔しいですよね。筋トレをしない日でもプロテインを摂取するようにしましょう。

・タンパク質が必要
筋トレ終わりに、休みの日の分までにタンパク質を多く摂っておこうと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、残念ながらタンパク質は摂り溜めができません。多く摂取しても身体に吸収されず、体外に排出されてしまうため、毎日必要な分を摂取することが重要です。

■プロテインの摂取量とは

筋トレを休む日は、どれくらいの量のプロテインを摂取すると良いのでしょうか。

・理想とされる一日の摂取量
タンパク質の目標摂取量は体重から計算できます。
運動をあまりしない方、運動をしない日の場合、体重1kgあたり0.8gが目安とされており、計算式は「体重(kg)×0.8g」となります。
仮に65kgの方の場合、1日に必要なタンパク質の量は52gになります。
筋トレをする日の場合、維持期で1.2~1.4g、増強期で1.7gが必要といわれています。

・プロテインで太ることはない
「運動をしない日にプロテインを摂ると太る」と考える方は多いですが、プロテインを摂取しただけでは太りません。たとえ摂取するプロテインの量が多くても、消費カロリーが摂取カロリーを上回っている限り太ることはありません。
プロテインを飲むことよりも重要なのは摂取カロリーです。1日の摂取カロリーを計算し、必要な量のタンパク質が摂れているようならカロリー調整するようにしましょう。

 

■プロテインを摂るタイミングと選び方

休みの日にプロテインを摂取するおすすめのタイミングについてご紹介いたします。

・1日3回に分ける
おすすめは朝昼晩の3食に合わせて摂取する方法です。
プロテインは摂り溜めができないので、こまめに摂取して常にタンパク質が不足しない状態にすることが大切です。仮に計60gのタンパク質が必要な方の場合、20gずつ3回に分けて摂取することで、バランスよくタンパク質を補うことができます。

・しんどい方は1回でも
プロテインにはアミノ酸も多く含まれています。
1度しか摂取しない場合は、アミノ酸が不足傾向にある朝に摂取することをおすすめします。
ダイエット中なら食事と置き換えるという方法も良いですね。

・筋トレしない日はどんなプロテインがいいの?
筋トレをしない日に飲むプロテインは、いつも飲んでいるプロテインで構いません。
筋肉の成長に効果的なプロテインを求めるのであれば、タンパク質量が多いものを選びましょう。1度で多くのタンパク質が補えます。

筋トレをしていない日の筋肉は、ただ休息しているのではなく成長しています。
タンパク質を不足させて筋肉を細らせないためにも、毎日適量のプロテインを摂取するようにしましょう。

 

 

【記事作成者】

プライベートジムKING

プライベートサロンQUEEN

代表:田原 陽平

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。