menu

PrivateGym KING

大阪市中央区松屋町3−2−3
松屋タワー1605号室
mail. info@privategym-king.com
(お電話での受付:平日10〜19時)

TEL.06-6777-9158

基礎代謝が上がる冬は痩せやすい!2020年、新年も男の肉体改造を応援しています。

“冬=太りやすい”と思っていませんか?実は寒くなると基礎代謝が上がり痩せやすくなるため、冬こそダイエットに最適なのです!今回は男性におすすめの痩せる筋トレメニューをご紹介します。筋トレで得られるうれしい効果にも注目してみてくださいね。

 

 

■基礎代謝が上がる冬こそダイエット!

 

・基礎代謝とは

基礎代謝とは、私たち人間が生きていくために必要なエネルギーのこと。このエネルギーは心臓や内臓を動かしたり体温の維持などに使われるため、寝ているだけで消費されるエネルギーとも言えます。つまり、効率よく痩せるにはこの基礎代謝を上げることが重要なのです。

 

・冬は基礎代謝が上がる=痩せやすくなる

一般的な基礎代謝量は、男性が1日約1500kcal、女性が1日約1200kcal。しかし、ある調査では基礎代謝量が季節によって変動することがわかりました。冬に基礎代謝が上がる理由は、寒くなると体温を維持するために体内で熱が作られるから。太りやすいと思われがちな冬がダイエットに適しているなんて意外ですよね。とは言え、寒い冬はできるだけ暖かいお部屋で過ごしたいもの。自宅でできる痩せる筋トレでこの冬こそダイエットをはじめましょう!

 

 

■痩せるだけじゃない!筋トレの効果

・基礎代謝が上がる

筋トレを行い筋肉が付いてくると同時に基礎代謝も上がります。はじめにもお伝えしたように基礎代謝が上がるということは、エネルギーの消費量が増えて痩せやすくなるということ。それだけでなく、ダイエット後もリバウンドしにくい体を作ることにも繋がります。

 

・体が引き締まる

「筋トレをすると筋肉が大きくなって太くなる!」と思っている女性が少なくありませんが、痩せる筋トレでは体を引き締めることを目的に行います。無駄な脂肪のない二の腕、くびれのあるお腹、まるく美しいお尻を手に入れたいなら、筋トレが欠かせませんよ!

 

・見た目の筋肉が付く

男性の筋トレは即効性という部分において、女性よりも得していると言える。筋トレで筋肉が刺激されることで血行を促し、パンパンに膨らんだ筋肉をパンプアップと言いますが、男性の見た目においては物凄く重要。このパンプアップを繰り返し、本物の筋肉を手に入れてこそ、本当の出来る男!

 

・リラックス効果

筋トレを行うと血行が促進され私たちの体全身に血液が行き渡ります。脳にも血液が流れることでリラックス状態に。さらに筋肉がほぐれることで体にもリラックス効果が!筋トレには体と心をリラックスさせる効果もあるのです。

 

・自信が持てる

「自分のスタイルに自信が持てない」「他の男性とつい比べてしまう」などの悩みを持っていませんか?これらの悩みは筋トレで解決!キュッと引き締まった理想の体を手に入れれば、必ず自分に自信が持てるはずです。

 

 

■【男性向け】痩せる筋トレメニュー

・プッシュアップ20回×3セット

胸と上腕三頭筋を同時に鍛える事が出来る。代謝量もさることながら、見た目においてもこの二点はしっかりと筋肉を作っておきたい。

 

1.手を肩幅より少し広めでつま先立ちをする

2.胸と手の位置が一直線になる一で身体を倒す

3.限界まで下げたら3秒キープ

4.ゆっくりと身体を上げる

 

・プランク30秒

お腹とお尻を引き締めるプランク。同時に体幹を鍛える筋トレでもあります。しっかり効果を感じるためにも体を一直線に正しいフォームで行いましょう。

 

1.うつ伏せに寝転ぶ

2.肩の真下に両肘を置き、つま先で体を支える

3.頭からつま先まで一直線に保ち30秒キープする

 

・スクワット30回×3セット

背中、腰、お尻、太ももを引き締めるスクワット。カロリーの消費量が最も多い筋トレです。全体の脂肪を落とすのに最も効果的です。

 

1.足を肩幅に広げてつま先を少し外側に向ける

2.背筋を伸ばし、息を吸いながら体を下ろす

3.太ももと床が平行になるまで下げたらキープする

4.ゆっくりと元の姿勢に戻す

 

 

いかがでしたか?

筋トレの効果を無駄にしないために食事にも気を配りましょう。筋肉を作るタンパク質は不足しがちなのでプロテインで摂取するのもおすすめ。新しい年の夏に向けて痩せる筋トレでボディメイクしていきましょう!

 

【記事作成者】

プライベートジムKING

プライベートサロンQUEEN

代表:田原 陽平

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。